読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遥かなDreamWay

相葉雅紀くんと松島聡くんと吉澤閑也くん

松島聡というジャニヲタとしての分岐路

 

 

松島くんの沼にハマったのは約1年前、私は高2でした。

 そのときは相葉担として7.8年ぐらい、相葉雅紀一筋の生活。

そんなヲタ生活が変わったのは席替えです。席替えごときに私のヲタ人生変えられてしまったんですよ!!!!

確か誕生日順だったかな?そこでジャニヲタが固まった。

相葉担の私、岸担、小瀧担(確か)(後に本高担)、妹が岩橋担の子(そのときはKぽヲタ・後に宮近担)の4人。

まあジャニーズの話ばっかり。

英語のグループディスカッションとか、全部ジャニーズの話で盛り上がってました。1番前の、先生に1番近いとこで。

 

よく話すのは少クラのことだった。木曜日になると昨日の少クラ見た⁈〇〇くんかっこよかったよね〜〜♡的な感じっすよ。

しかし私は嵐担でありなおかつ少クラ難民だったため全く少クラを見ていなかった。

 そんなある日お友達におすすめされたある動画。

「風磨のMy Lovin' Seasonがおもしろすぎる」

そのころ風磨イジリが私たちの中で最盛期を迎えていて、なんとも少クラで披露された風磨の歌い方がめちゃめちゃおもしろかったそうな。(足組んで座ってマイク)

友達に絶対見てと言われたので帰ってから某YouTubeを開いて見ました。

f:id:htn_m_ast:20170219001230j:image 

 

「これはやばいwwww」

 

なんかいろいろ衝撃だったというか、まずこのスタイルで歌ってるひとを見たことがないしなんかすげえな少クラ!すげえな菊池風磨!やばいわ!ってなった。そっからいろいろ友達と風磨イジリをしていく中で菊池風磨、そしてSexyZoneというグループを調べはじめてなかなか気になる存在になってしまった。それまではデビュー曲のSexyZone、Ladyダイヤモンド、あと格差があることぐらいしか知らなかった。

そこで出会ったカラフルEyes

風磨くんの髪型が変わってた。あんなクソ長いロン毛むりだわーむりむりって思ってたのになんじゃこの銀髪は。よすぎるやんけ。むりむりむりむりこれはむり。いつのまにかカメラロールに菊池風磨が侵食し始めていた。そこからはあっという間だった。転げ落ちるみたいに加速して(まじ)過去の動画を漁り、SexyZone Channel という動画にたどり着いた。この時私はセクチャンがセクガル大量製造機という恐ろしいものであるということをまだ知らない。

ヴィレヴァンでセクゾのやばさを知った。牛タンゲームは死ぬほど笑った。焼肉回でのお手紙で泣いた。焼き鳥回では聡マリの美しさに気づいた。

 

 

富士急で相葉さんと同じ匂いを感じた。

 f:id:htn_m_ast:20170219003657j:image

いつしか私はこの緑色のつなぎを着た男の子に目を奪われるようになっていた。

松島聡くんって言うんだ…へぇ…確か格差でかわいそうな子なんだよな…あれ?でもカラフルEyesは同じ衣装だったハズ…

ここでもう一度カラフルEyesを見たのがダメだったのかもしれない。

f:id:htn_m_ast:20170219002820j:image

f:id:htn_m_ast:20170219003714j:image

まって???こんなイケメンいたっけ??あんなアホなのにこんなかっこいいのは反則では???これはむりすぎる。好きだ。

そこから色々調べた。松島聡くん。聡ちゃん。年は私より1つ上1997年11月27日生まれの静岡県出身。アホ。だけど最近イケ化がすごい。ダンスが上手いらしい。聡マリは天使。

カメラロールはすぐに松島くんでいっぱいになった。

BYAKUYAを見た。声が好きだった。ダンスが上手かった。ジャニーさんってすごい、こんなかっこよく育つもんなのか。松島くんを育ててくれたご両親はもちろんのこと聖地・静岡にも感謝申し上げたい。素晴らしい。そしてなにより、格差を乗り越えこんなに努力した松島くんってすごい。かっこいい。

ああもう松島くんすき。だいすき。

その一方で罪悪感も感じていた。私は相葉担なのに!これは浮気なのでは!最低だ!でも松島くんもすき!

そんな中頭に浮かんだのは担降りの文字。

いやそんなことはできない。相葉さんを降りるなんて絶対に無理。 相葉さんがいなければ私という人格が形成されないと言っても過言ではない。でも松島くんへのこの気持ちはどうしたらいいの…

そんなもやもやを抱えながらも懲りずにセクゾ沼に自らダイブ、某YouTubeを漁りまくる。

そのころはシングルメドレーとスキすぎて・ぶつかっちゃうよ・Hey you!のメドレーをヘビロテしてたのかな。

f:id:htn_m_ast:20170219005934j:image

これの松島くんを見た瞬間に全てのもやもやが吹き飛んだ気がした。

ふたりが好きならそれでいいじゃないか。ふたりを愛せばいいじゃないか。掛け持ちをすればいいじゃないか。得られる幸福量が多くなるだけさ。なにも損することはない。

 

こうして私は掛け持ちヲタの道を歩むことになりました。

 

 

この数ヶ月後にもうひとり増えるなんて想像もしてなかった。